読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療情報技師の記録

システム管理者として働く病院職員の記録です。

病院見学(1回目)

オーダリングシステム 医療情報技師

 情報収集をしていく中で、特に有効なものとして「病院見学」が挙げられます。メーカーの話だけではなく、実際の現場で働く皆様の「実の声」を聞ける非常に良い機会となります。
 当院では、オーダリングシステムが稼働するまでに計3回、3つの病院様にご協力いただき、見学をさせていただきました。
 1回目の見学は、当院とほぼ同じ病床数で、前述のB社オーダリングシステムを導入しているU病院です。以前、事務部長様とお会いしたことがあり、その伝手でお願い致しました。見学先をメーカーに紹介してもらう手もありますが、メーカーが同席してしまうと「悪い話」が聞けない場合もあるので、当院では直接お願いする形を取りました。
その時に行った準備としては、
1.先方の院長様宛に、こちらの院長名で正式な依頼書を送付する。
2.日時は、基本的に先方に合わせる。
3.参加者のリスト(職種も入れる)を送付する。
4.事前に分かる質問があれば一覧にして送付する。
5.手土産を準備する。
等です。
 見学当日は、時間的にも全部の部署を見て回るのは難しいため、職種ごとに分かれる形でお願いしました。私はその病院のシステム担当部署を見学させていただき、HISが導入された病院でのシステム担当者の業務とはどういうものなのか、何をしなければならないのか、を重点的に確認しました。参加したスタッフは、導入後の業務改善が期待できる喜びと、導入作業の大変さを実感したようで、帰りの車の中では複雑な表情をしておりました。
 1回目の見学は、まだ準備1ヶ月の早い段階で行いましたが、今後時間をおいて2回目、3回目の見学を行っていくこととなります。