読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療情報技師の記録

システム管理者として働く病院職員の記録です。

マスター作成

 マスターの作成。この業務は、HISを導入するうえで避けては通れない大変な業務です。システムに合わせたマスターを作成する必要があり、親項目・子項目、もっと細かい設定もあります。画像、検体検査、生理検査、薬剤、注射、給食に関しては各部門担当者が、非常に苦労しながら作成しました。その中でも特に、給食(食事)マスターは数が多く、担当した栄養士は大変だったと思います。

 処置、看護(観察)(行為)、看護計画、職員、その他細かいマスター作成については、事情があり、我々システム担当者が行うことに。これが大きな間違いでした。正直、どんな事情があろうとも、どんなに現場から反発されようとも、マスターの作成は実際に使う現場が行うべきです(特に看護系と処置関係)。システム担当者が作成してしまうと、結局作り直しになり、膨大な仕事が無駄になってしまいます。

 ただし、運用開始後のマスター管理(追加や修正)についてはシステム担当者でも良いと思います。